募集要項

事務局長の一言

Message

「これからの福井大学」を、
一緒に創っていきましょう!

みなさんは、大学職員という仕事に、どのようなイメージを持っていますか?多くの方は、学生に対する窓口対応や、進路指導を行う仕事を想像しているのではないでしょうか。実は、この他にも大学職員には、大学の今後の方針を企画する仕事、大学全体の予算を管理する仕事、教員の研究活動を支える仕事、地域連携の強化を目的とした取り組みを企画する仕事、病院の管理運営を行う仕事など、さまざまな仕事があります。多様なフィールドで大学職員1人ひとりが活躍することによって、大学が活性化し、よりよい大学が創られていきます。

昨今、少子化の進展による18歳人口の減少、平均寿命の伸長による人生100年時代の到来、首都圏一極集中化による社会問題など、我が国を含む社会には課題が山積しています。こうした社会情勢の転換は、国立大学法人の転機であり、新たな大学像を描くとともに、その実現に向けて主体性に基づき自己改革を進めるとともに、それを経営力として高めていく必要があります。そんな中、大学運営をマネジメントしていくのも、大学職員の重要な役割の1つとなっています。さまざまな仕事を経験しながら、大学のマネジメントにも関わることができることが、大学職員として働く魅力です。

また、福井大学事務局では、「事務局ビジョン」「職員の行動指針」を掲げています。これは、各職員が思う理想の職員像を明確にしたもので、これを実現するために、「福井大学事務局人事ポリシー」「スキルマップ」などを策定し、理想の実現に向けた後押しを行っています。数年に一度部署を異動するジョブローテーション制度や、職階別研修、他機関との人事交流などの取り組みを行い、安心してキャリアアップができる体制を整えています。

世の中が大きく変化していく中、大学も例外なく「変化」が求められています。これからの大学職員には、自ら問題・課題を発見し、その解決に向けて、教員や関係部署と連携を図りながら、新たな取り組みを企画・立案・実行していく能力が求められています。もちろん、このような能力は、日々の仕事や努力の積み重ねで身に付くものです。大学職員として明るく元気で前向きに仕事に取り組み、自身の成長と本学の更なる発展を望む方を求めています。ぜひ本学職員採用に応募して、「これからの福井大学」を、一緒に創っていきましょう!

福井大学理事(総務・財務担当)・事務局長上田孝典

エントリーはこちら

Entry
募集要項を見る
ページトップに戻る